むさしの人たち

市安商店 安田 恒夫さん


生産者の思いを伝えることが私たちの仕事。
だから、市場に来られた方と、たくさんお話ししたいですね。


市安商店
石川県金沢市青草町 88 近江町いちば館 1階 新通り
Tel&Fax.076-263-9238
公式ホームページ

1907年に創業。当時は、まむしの粉なども販売されていたという『市安商店』さん。現在の安田恒夫さんで4代目です。現在の青果、果物専門店になったのは戦後、3代目の時なのだとか。店頭にはフレッシュな果物が並んでいます。

-お店を営業される上で、一番こだわっていることは?

お客様の笑顔を想像することですね。価格だけではなく、クオリティも大切。そのために、生産者の方の思いを、どれだけお客様に伝えていけるかが、私たちの仕事なんです。
頑張って作っている生産者が報われる、そんな世の中じゃないと、おかしくなっちゃいます。

-たとえば、どういったことをされていますか?

難しいことではなく、お客様と話すことです。近江町市場ですから、常連のお客様が多い。お買い物半分、お話し半分ということで、ここに来ることを楽しんでいらっしゃるんですよね。
でも、若い方はそうではないことも多い。何も話さず、価格だけみて、糖度だけみて自己判断する。それって、残念ですよね。数値ではない部分に、美味しさがあったりするんですから。だから、お話ししながらお買い物していただける、この市場は楽しいんです。

-近江町市場の中でも、安田さんはアイデアマン。心に残る企画はありますか?

やはり長続きしているものは、評価されていることなんじゃないでしょうか。たとえば、絵画コンクールなど。
近江町市場そのものが老舗と考えることもできます。これからも時代にあわせて変化していかないといけないんですよ。歴史があるけど新しいことにチャレンジしていきたいですね。






金沢・武蔵 地話物マップは尾張町商店街近江町市場商店街武蔵商店街彦三商店街横安江町商店街めいてつ・エムザANAホリデイ・イン金沢スカイかなざわはこまち によって作られています。